探偵事務所を起業する方法

未経験から探偵を起業する方法

探偵業を始める前に読んでください。

今現在で探偵業を始めようと考えている人へ、ここでは探偵事務所を起業するにあたって必要な項目を簡単に説明していくサイトです。
まずは、探偵がどんな仕事なのかを知ることから始めましょう。
探偵とは、人や企業、団体から調査の依頼を受けて、調査内容を依頼主に報告する職業のことを言います。よくテレビなどのドラマやアニメ、漫画などで語られる真犯人を見付けたり、犯罪に手を貸すようなことはまったくしません。
この探偵の業務内容については2007年に施行された探偵業法という法律によってその内容が明文化されています。

 

そしてこの探偵業法によると、探偵業を開業、起業しようとする人は管轄警察署、管轄公安委員会への申請と許可が必要となっています。
また、地域によっては探偵が属する社団法人などに届出をしてから事業を行う必要があります。

 

一昔前では誰でも名乗ることが出来た探偵ですが、現在ではしっかりとした規制がされているので起業する場合には確認が必要です。

 

 

しかし、申請を出して許可をもらったとしてもすぐに仕事が出来るわけではありません。なぜならまったくの素人へ調査依頼をする依頼者はいるでしょうか?
探偵への依頼料は高額の場合が多く、高額な依頼料を払うのならば、確実な仕事と調査実績を持った有名探偵社へ依頼するのが一般的で安全だからです。

 

そこで注目したいのが、有名探偵社のフランチャイズとして起業する方法と、探偵が私的に開いている探偵学校へ入校して一から探偵の勉強をすることです。
注意してほしいのはフランチャイズの場合には、元の事務所の名前を借りることになるので、ロイヤリティを守る責任が発生して、初心者では許可が下りない場合があること。
そして、探偵学校へ入校する方法は初心者として探偵業を始める上で一番の近道ではありますが、企業までに時間が掛かってしまうことです。

 

以上の点に注意して探偵事務所の起業を考える必要があります。

 

しかし、近年情報化社会が進み、情報に対しての重要性と保守性が叫ばれるなか、探偵の仕事が多岐にわたってきています。それらの事情を考慮して今後の方針とするのがいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ